怖いくらい最高のワイン

2018年のブドウを使用したワイナリー史上最高のワインができました。

その名も「饅頭怖い2018」と「饅頭なんまら怖い2018」。

ふざけてません。
いたって真面目に怖いほど味わい深いワインです。

どれほど怖いワインなのか

武蔵ワイナリーのオーナーで醸造家である福島有造さんの話によると、

【饅頭怖い2018】 ¥4,180(税込)

また福島がふざけていると言われそうですが、至って真面目です。「小川ルージュ2018」とでもしようかと考えましたが、まだまだ武蔵ワイナリーを代表する赤ワインを決めるには早いと考え、さらに日本文化を意識してこの名称にしています。至って真面目にふざけています!!

小公子90%とメルロー10%を、同時に人の手で除梗破砕し仕込みを行いました。従業員だけでなく、たまたまワイナリーにご来店されたお客様にも仕込にご参加頂きました。全房除梗、醸し発酵16日目に圧搾、28、35日目におり引き、約11ヶ月ステンレスタンク貯蔵後に224Lをフレンチオーク新樽へ移し、残りの約600Lを引き続きステンレスタンクで約11ヶ月、合計22ヶ月貯蔵し瓶詰め。オーク樽を使用せず、ブドウの味わいを前面に引き出したのがこの「饅頭怖い2018」です。

 これまで同様、この仕込に関しても、ぶどう以外の物質を一切使用しませんでした。MLF発酵を貯蔵時に確認、無濾過・無清澄にて仕上げています。貯蔵、瓶詰め時には、ステンレスタンクの空尺を埋めるために二酸化炭素を使用し、瓶詰め時には不活性のアルゴンガスを使用しました。

亜硫酸塩を添加していない為、貯蔵、瓶詰めには品質保持に気を使っています。

 小川町のメルローはまだまだ良いものが出来ていません。半分以上はジュース加工へとまわし、ワインには厳選したブドウのみを使いましたが、それでも糖度が19度程度で、着色も十分とは言えず、メルロー単独ではワインに出来ません。そのメルローが、それもたった10%のメルローが、小公子の特徴を打ち消すくらいの存在感を見せているのです。

 このワインはあまり温度を気にしません。13℃以下でもまろやかさを感じられます。メルロー独特のスミレの香りを感じられ、カシスや苺、プラム、ダークチェリーの様な味わい、オーク樽に入れていませんがチョコレートやなめし革を感じるかもしれません。長時間経過すると、小公子が顔を出してよもぎが感じられます。

 現時点で、十分飲み頃です。しかし、年々熟成感を増すだろうと思います。5年後なのか10年後なのか、まだまだこのワインの実力は先にあります。うまいから待てないかもしれません。料理との相性は、幅広い感じがします。お肉全般はもちろん、和食でもいけそうです。やはりこのワインも785本と少量です。2018年産ワインの真打を是非味わってください。

Musashi winery インスタグラムより

そして、もう一つの「饅頭なんまら怖い2018」は、この「饅頭怖い2018」よりもさらに磨きのかかったワインなのです。

ラベル制作秘話

さて、このワイン。福島さんのお話にもあるように、「小川ルージュ2018」にしようかというお話はありました。
しかし、結果的に小川ルージュにはまだ早いけれども、こんなに美味しいワインはない!ということで、このネーミングとなりました。

では、デザインをどうするかという話になるのですが、薯蕷饅頭やら葛饅頭やら温泉饅頭やらとあれこれ混ぜたデザインにしようかと、いくつかのデザインをご提案しました。

結果的に同じ饅頭で、一つは中の餡が見えるようにと話がまとまりました。
福島さんご本人にもお話ししたくらいの笑い話なのですが、割った饅頭は苦労しました・・・(笑)

印刷のサンプルが届いて時に「写真のようです」と言っていただいたので綺麗に仕上がって安心しました。
ユーモアも大事ですよホントに。