趣味で起業3〜まずSNSから〜

開業届を出す前と後では何か変わるかと言われれば、特に変化はありません。

気持ちの変化や、領主書をしっかり残す(できれば帳簿をつける)といった変化はあるかもしれませんが、自分がやろうとしていることや、広めようとしていることが急激に世に知られるということはまずありません。

だとすれば、次にしなければならないことは、というか、開業前からでもやれることは周知徹底です。

実はここになんとなく恥ずかしさを感じる方がいらっしゃいます。
であれば、本名を名乗る必要はありません。
また開業後であれば屋号が決まっているはずなので、その名前で周知すれば良いのです。

ブログよりもまずはSNSから

では、周知の方法はと言われれば、手っ取り早いのは屋号をアカウントにしたSNSが最適です。

SNSってなに?今さら聞けないんだけど・・・

という言う方に、簡単に説明しておきます。

SNSはツイッター(Twitter)、インスタグラム(Instagram)、フェイスブック(Facebook)といった、自分の発信した文章、画像、動画などをより多くの人に届ける情報拡散媒体で、全て無料で利用することができます。

それぞれに特徴があり、ツイッターなら短文、インスタグラムなら画像、フェイスブックなら実名と、用途に応じて使い分けることにより、より多くの人に自分の発信する情報を届けることができます。

SNSを最初に利用する理由

・すぐに始められる
・いろんな人の目に触れる機会がブログよりも早い
・ファンがつきやすい
・個人アカウントと屋号アカウントを併用可能(リツイートやシェアが可能)
・商用目的の使用OK(アメブロなど有名ブログサイトは原則不可)

といったような理由が考えられます。ただしデメリットも当然あります。

SNSのデメリット

・情報がすぐに劣化してしまう(タイムラインの遠くにいってしまう)
・頻繁な更新が必要
・業種によっては利用者の実名がバレるので不向き(カウンセリング希望者)

当然ながら、やり方によってはこのようなデメリットも解決はできます。

しかし、周知する最初の段階としては、短時間で広まることやファン獲得が大切ですので、費用をかけずに短時間で導入できるものから使い始めていくことに意味があります。

ブログやホームページは不要なのか?

と言われれば、絶対にあったほうが良いです。

SNSのデメリットを補ってくれるのは、間違いなくブログやHP(ホームページ)です。
ブログやホームページは、伝えたいことを拡散させるスピードではSNSにはかないませんが、一度発信したことを長く保存しておいてくれます。

使い方の工夫は必要ですが、SNSで発信した内容を整理してまとめて見てもらうことに適しているので、将来的には自分のホームページをもってSNSと役割分担をしながら併用していくことがベストです。

次回はもう少し詳しくSNSの特徴について見ていきます。そのことで、自分のやろうとしていることは、どのSNSと相性が良いのか考える機会にしてもらおうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 趣味で起業3でお話ししたとおり、SNSを上手く利用することで、伝えたいことを早く広めることができます。 […]