趣味で起業6〜QRコード決済の種類〜

前の記事では、「QRコード決済サービスで、購入の敷居を下げましょう」とお伝えしました。

この記事では、国内のQRコード決済サービスを代表する6つのサービス
au PAY」「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」「LINE PAY」「メルペイ」を導入する店舗・事業主の目線から比較していきます。

(2020年4月更新)

au PAY

「au PAY」は、2019年4月9日に携帯電話キャリアであるKDDIが提供をはじめたQRコード決済サービスです。au PAYアプリを利用して、買い物や支払いができ、利用するごとにau WALLETポイント(2020年5月以降はPontaポイント)が貯まる仕組みになっています。
2019年8月29日以降、auユーザー以外でもサービスの利用ができるようになりました。現在は楽天ペイの一部加盟店でもau PAYの利用が可能になったので、ユーザーが使用できる店舗も増えてきています。他のQRコード決済サービスに比べて比較的後発のサービスですが、すでに2200万人の会員が利用しています。

au PAY 導入のメリット

大型のキャンペーンの実施で利用者が増えており、集客に活用できるほか、ポイントが使える・たまるお店としてアピールすることができます。

導入にあたっては、初期手数料や入金手数料が無料の他、期間限定で決済手数料も無料となります。
※決済手数料は通常3.25% 2021年7月31日まで無料。

初期費用、決済手数料、入金手数料が無料ということは、導入・運用に関して費用がほぼ0ということです。

小規模で利用する場合や、週末だけで利用する場合にも導入しやすい条件が整っていると言えるでしょう。

PayPay

PayPay(ペイペイ)は、ソフトバンクとヤフーの合同会社「PayPay株式会社」が提供するQRコード決済サービスです。

インド最大手決済サービス「Paytm」が技術提供をしています。
テレビコマーシャルや「100億円キャンペーン」などで注目を浴び、2020年2月19日時点でユーザー数も2500万人、加盟店数も194万カ所になりました。

2020年4月1日から、PayPayのポイント付与付率が変更になり、新たに「PayPay STEP(PayPayステップ)」が新しくスタートしました。

「PayPay STEP」は、前月の支払い状況に応じてPayPayの支払い後に付与されるポイント還元率が変わるしくみのPayPay利用特典になります。

PayPay 導入のメリット

PayPayの「読み取り支払い」は、店舗においてあるQRコードを、支払う側が読み取り、支払金額を双方で確認して決済を済ませるという方法です。

この支払方法を利用することで2021年9月末まで決済手数料が無料になります。

d払い

「d払」いは、NTTドコモが提供しているバーコード決済です。
スマホ・携帯料金と合算して支払う方法を選択すればクレジットカードなしで利用することができます。
※費用は月々の通信料と合算されます。
また、「d払い」を利用することで「dポイント」を貯められ、決済に利用することができます。

d払い 導入のメリット

d払いは、初期費用や月額固定費が不要です。解約にかかる手数料もありません。店舗はd払いを導入することで、「dポイントが貯まるお店」になります。
全国のドコモユーザー約5000万人へのアピールとなる上、dポイントというメリットをいかした集客効果にも期待できます。

楽天ペイ

インターネット会社「楽天」が運営する決済サービスです。
「楽天ペイ」ではユーザー向けのスマホアプリに表示されたQRコードをお店で読み取るほか、お店が提示するQRコードをアプリで読み取ってもらう形でも決済することができるサービスを提供しています。

楽天ペイ 導入のメリット

クレジットカードや電子マネーにも対応できるのが「楽天ペイ」です。
楽天銀行の口座を持っていれば売上を翌日入金してもらえるので、現金感覚で運用できる点も店舗にとってのメリットと言えます。

楽天カードを持っていたり、日頃から楽天サイトを多く利用しているユーザーを取り込みたいとお考えての方は利用したいサービスです。

LINE PAY

韓国企業NEVERが運営するインスタントメッセージを手がけるLINEの付属機能です。

「LINE PAY」では、決済用QRコードを店頭に掲示する「プリントQR」があります。
他の決済サービスと同じようにQRコードを店頭に置くだけで利用できます。

LINE PAY 導入のメリット

「プリントQR」であれば決済手数料が2021年7月31日まで無料で、導入費用や月額費用もかかりません。プリントQR以外にも、据置端末などもあります。

メッセージアプリとして多くのユーザーを持っているので、幅広い年齢層に利用してもらえる可能性があります。

メルペイ

「メルペイ」はフリーマーケットを手がけるメルカリが出資し、株式会社メルペイが提供するスマホ決済・QRコード決済サービスです。

2019年2月よりサービスが開始され、同年10月にはユーザー数が500万人となりました。「メルペイ」は、電子マネー決済とiD決済、QRコード決済に対応しています。

メルペイ 導入のメリット

「メルペイ」では初期費用や運営費用はかからず、決済手数料についても「1.5%」と比較的安くなっています。
さらに、2020年6月30日までの期間限定で、決済手数料が0%に、さらに決済金額の5%が還元されるキャッシュバックされるキャンペーンも実施しています。
※キャッシュバック総額が10億円に到達した時点で終了となります。

以上6社の決済サービスをご紹介しました。
細かな決済手数料や振込手数料、日数については次の記事でまとめます。

Filed under: 起業・自宅開業・主婦でもできる